【証券外務員】 先物取引(一種のみ) | 証券外務員講座

先物取引(一種のみ)

講義

今回は信用取引に続き先物取引になります。

配点は42点です。

こちらは一種のみの試験範囲になります。

学習のポイント
  • 暗記科目は頑張る
  • 計算問題難しかったら捨ててもOK

この記事はこんな人におすすめ

  • 先物取引の暗記が多すぎる
  • 計算問題がわからない

証券外務員 第6回先物取引①

 証券外務員 第7回先物取引②

先物取引〇×問題

先物取引計算問題

学習の順番はこちらになります。

yui
yui

先物取引はめちゃくちゃ大事

なるべくわかりやすく説明します

先物取引は難しい?

inu
inu

先物取引、テキスト読んでも全然意味わからない

neko
neko

先物取引は取引したことある人も少ないのでイメージがつかないのは当然

今回も仕組みがわからなくても問題を解ける方法を教えます

なるべくわかりやすく、点を取れる方法があります。

ただ、暗記項目も多いので頑張ってアウトプットをしてくださいね。

先物取引とは

先物取引とは
特定の商品をトウモロコシを
将来のあらかじめ定められた期日に来年の1/1に
今決めた価格で売買すること現時点の価格である100円で
売買することを契約する取引
yui
yui

そんなもんなんだ程度でOK

利用方法
ヘッジ取引リスク回避
スペキュレーション取引投機利益の獲得
裁定取引
(アービトラージ取引)
裁定利益の獲得
yui
yui

頻出入替問題

絶対間違えないように

先物取引の制度

問題

問.TOPIX現物が1,050ポイントで短期金利年率1.2%のとき、3か月後の先物理論価格を求めよ

※先物理論は円未満を切り捨てる

答.1,053

$$キャリーコスト=1050*1.2パーセント* \frac{3}{12}≒3$$

先物理論価格=1,050+3=1,053

指数先物取引

日経225先物TOPIX先物
取引所大阪取引所
限月3.6.9.12月(19限月3.6.9.12月(5限月
取引最終日各限月の第二金曜日の前営業日
差金の授受反対売買:反対売買を行った日の翌営業日
最終決済:取引最終日から起算して3営業日目
最終清算指数特別清算指数(SQ)
新限月の取引開始日直近限月の取引最終日の翌営業日
取引単位日経平均の1,000倍TOPIXの10,000倍
呼値の単位10円0.5ポイント
値幅制限サーキットブレーカー制度
立会外取引可能 J-NET取引

※取引単位:日経225miniは日経平均の100倍、ミニTOPIX先物はTOPIXの1,000倍

 呼値単位:日経225miniは5円、ミニTOPIX先物は0.25ポイント

カレンダースプレッド取引

問題文~~~(省略 読まなくてOK)

期近物期先物スプレッド
開始時
終了時
売 19,200円
買 19,800円
買  19,300円
転売 19,500円
(ハ)円
(ニ)円
損益(イ)円(ロ)円
見出し

縦=売ー買 横=大きい値ー小さい値

答 イ=19,200-19,800=-600円

  ロ=195,00-19,300=200円

  ハ=19,300-19,200=100円

  ニ=19,800-19,500=300円

yui
yui

ハとニは絶対マイナスがつかない

国債先物取引

中期国債先物長期国債先物
取引所大阪取引所
対象商品償還期限5年、利率3%償還期限10年、利率6%
限月毎年3.6.9.12月の直近3限月(国債の3※指数と注意)
注文方法指値・成行 いずれも可能
呼値額面100円につき1銭
取引開始日直近限月の取引最終日の翌営業日
取引最終日受渡決済期日の5営業日前
制限値幅サーキットブレーカ制度
取引方法個別競争方式

※標準物 利率と償還期限が常に一定の架空の債券を対象としている

問題

問.

現在長期国債現物を10億円保有している。

長期国債現物は105円、長期国債先物は99.3円

一か月後、長期国債現物は102.5円、長期国債先物は95.1円

二か月後、長期国債現物は105.2円、長期国債先物は99.5円

下記の投資で妥当な投資はどれか

1.そのまま長期国債現物を10億円保有し、二か月後に売却

2.直ちに長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

3.直ちに長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、一か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

4.一か月後に長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

5.一か月後に長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

解き方

①表にまとめる

②現物の式は売ー現在の価格

③先物の式は売ー買

④②+③で一番大きい数字の選択肢が答え

①表にまとめる

現在一か月後二か月後
現物105102.5105.2
先物99.395.199.5

②現物を求める

1.そのまま長期国債現物を10億円保有し、二か月後に売却

現物 売-現在の価格 105.2-105=0.2

2.直ちに長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

現物 売-現在の価格 105.2-105=0.2

3.直ちに長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、一か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

現物 売-現在の価格 102.5-105=-2.5

4.一か月後に長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

現物 売-現在の価格 105.2-105=0.2

5.一か月後に長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

現物 売-現在の価格 105.2-105=0.2

③先物を求める

1.そのまま長期国債現物を10億円保有し、二か月後に売却

先物 売ー買 該当箇所なし

2.直ちに長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

先物 売ー買 99.3-99.5=-0.2

3.直ちに長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、一か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

先物 売ー買 99.3-95.1=4.2

4.一か月後に長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

先物 売ー買 95.1-99.5=-4.4

5.一か月後に長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、二か月後に長期国債先物を全額買い戻し、長期国債現物も全額売却

先物 売ー買 99.5-95.1=4.4

④②+③で一番大きい数字の選択肢が答え

現物先物答え①+②
0.2×0.2
0.2-0.20
-2.54.21.7
0.2-4.4-4.2
0.24.44.6

以上から⑤が適切な投資といえる

yui
yui

一見長くて難しそうだけど、

引き算と足し算をするだけなので簡単♪

SPANシステムによる証拠金取計算

証拠金=デリバティブ取引の制度、有価証券で代用可能

公式

証拠金所要額=SPAN-ネット・オプション価値の総額

問.ある顧客が~SPAN証拠金額は4億5000万であり、ネット・オプション価値の総額はマイナス2億円であった場合の証拠金所要額を求めよ

答.6億5000万

4.5億-(-2億)=6.5億

証拠金取引所要額計算

公式

①現物と有価証券を足す

②損失を求める

③受入れ証拠金を求める ①+②

④証拠金所要額を求める(記載がない場合)

⑤証拠金の不足を求める ③-④

⑥現金の不足を求める (差し入れ証拠金の現金+②)

yui
yui

難しいと思ったら捨ててOK

ここを捨てても他ができたら合格できる

証拠金取引所要額計算

問.TOPIX先物を1,600ポイントで10単位買い建てた。

証拠金として必要額を全額有価証券で差し入れた。

その後TOPIX先物の値段が1,450ポイントに下落。

代用有価証券に100万円の評価損が発生した。

証拠金所有額が1,000万円の場合、顧客が現金で差し入れなければならない証拠金不足額を求めよ。

①現物と有価証券を足す

現金=代用有価証券 0+(1,000万-100万)=900万 

※評価損→プラス 損→マイナス

②損失を求める

(1,450ポイントー1,600ポイント)*10,000円(TIPIXの単位)*10単位

=-1,500万

③受入れ証拠金を求める ①+②

900万+(-1500万)=-600万

④証拠金所要額を求める(記載がない場合)

1000万

⑤証拠金の不足を求める ③-④

-600万+-1,000万=-1,600万

⑥現金の不足を求める (差し入れ証拠金の現金+②)

0+(-1,500万)=-1,500万

証拠金不足額1,600万円のうち、1,500万円は現金で差し入れる。

答.1,500万

練習問題

先物取引の全範囲の復習10問になります。

とにかく問題をたくさん解いて慣れることが重要になります。

問題

問1.裁定取引とは、先物と現物又は先物と先物の間の価格関係のゆがみを利用して利益を狙う取引である。

答.〇

問2.日経225先物は、東京証券取引所で取引されている。

答.×大阪取引所

問3.TOPIX先物取引の取引最終日は、各限月の第二金曜日の翌営業日である。

答.×前営業日

問4.TOPIX先物の新限月の取引開始日は、直近限月の取引最終日である。

答.×取引最終日の翌営業日

問5.日経225先物取引の取引単位は、日経225の数値に10000円を乗じて得た金額1単位とする

答.×1000

問6.ミニTOPIX先物取引の取引単位は、東証株価指数に1000円を乗じて得た金額1単位とする

答.〇

問7.中期国債先物取引の標準物の利率は年3%である

答.〇

問8.長期国債先物取引における取引最終日は、受渡決済期日の翌営業日である

答.×5営業日前

問9.長期国債先物の呼び値の単位は額面100円につき1銭である

答.〇

問10.国債先物取引の注文方法は指値注文のみであり、成行注文は認められていない。

答.×成行も可能

まとめ

先物取引は難しく考えず、取れるところだけ取っていきましょう

証拠金不足額は公式も多いので、ここで躓くようなら次に行ってください。

他の大事なところで点数を落とさなければ合格は問題ありません。

次回はオプション取引ですが、計算問題が重要になってきます。

一緒に頑張りましょう

yui
yui

YouTubeとTwitterも一緒に見てね

コメント

タイトルとURLをコピーしました